2017年の抱負

 記事を爆破してしまったので詳しくは忘れたけど,去年2016年の抱負は文章(漫画・画集以外)の本を2冊/月読むとかそんなだった気がする.

f:id:chelseamix:20170104120944j:plain 結果は23冊/年で惜しかった.人生の攻略本みたいな文庫1冊,普通の小説1冊,ハヤカワSF小説21冊でなんとも偏ってしまった.小川一水と上田早夕里の作品はどれも安定して面白かった.

 文章力と雑学を身につけるために設定した抱負だけど,結果から言うとそっちはあんまりだった.ただ,"ストレス軽減力は一人で音楽を爆音で聴くよりも読書のほうが少し高い"みたいな記事をtumblrで見て確かにそうかもしれんなあと思えるぐらいには,2016年下半期の仕事ラッシュを耐える(現実逃避をする)ことが出来たのはこの読書のおかげだったし,そういう意味ではとても良かったと思う.

 これだけの量のSF小説を短期間に集中して読めたおかげで,ある程度SF小説の傾向が掴めてきた気がする.基本的に天文学やら物理学やら生物学やらが噛んでくるのでフィクションなのにある意味地に着いた無理のない(可能性がゼロではない)設定に加えて,これはSF小説に限らずだけど伏線が回収されていくというかパズルのピースがピタッとはまっていくというか風呂敷が綺麗にたたまれていく感じが脳にビリビリきて最高に気持ち良かった.ベースの知識があった方がより楽しめる(場面の解像度が上がる)作品も多かったので,去年は天文宇宙検定3級と4級(小・中学生レベル)とったけど今年は2級に挑戦してみたい.

 今年2017年の抱負は"文章の本を2冊/月"にして,余裕があれば引っ越しと資格もろもろの受検と積ん読崩しを....